マウスピース矯正を行う時の注意点について

ロゴ

マウスピースの注意点

矯正器具を持つ人

装着時間を守る必要がある

マウスピースは医師によって決められた一日の装着時間を守る必要があります。マウスピース矯正は治療計画のもと進められていくものです。装着時間を守らないことによって、きちんとした効果を得る事が出来なくなってしまうのです。

歯ぎしりで壊れることがある

マウスピース矯正では歯ぎしりを行うことによって、破れが生じてしまうことがあります。日常的にマウスピースを強く噛まないような意識をすることが望ましいでしょう。

状態によって時間がかかる

歯並びの状態によっては、マウスピースでの治療は時間がかかる場合があります。例えば、歯が大きくずれているケースなどが挙げられます。ブラケットと併用して治療を行うようなことも良いでしょう。

虫歯になる可能性がある

マウスピースを付け続けることによって、細菌が繁殖しやすい環境になってしまうことがあります。マウスピースを定期的に洗ったり、装着する前に歯磨きを行ったりと清潔にするための行動を心がけるようにしましょう。